棲んでる菌のタイプ

人間に棲んでる菌は大きく分けて3タイプ

 

 

人間に優しい、優等生の善玉菌

 

乱暴な、不良の悪玉菌

 

優柔不断な、日和見菌

 

この3つのタイプの菌が主な菌です。

 

 

優等生の善玉菌(有益菌)

 

 

 

肌を保護するベールを作る表皮ブドウ球菌、

 

お腹の調子を整えてくれてるとしてお馴染みのビフィズス菌や乳酸菌群がいます。

 

ビフィズス菌も乳酸菌の一種。優等生の菌のほとんどが乳酸菌の仲間です。

 

炭水化物をエサに乳酸を作り出すため、腸の中が賛成に保たれ

 

病気の原因になる菌の定着・増殖を防いでくれています。

 

穏やかだけど悪さをする菌を見張り、腸内環境を整える調整役として大活躍。

 

「腸年齢が若さを保つ秘訣」と言われるのは、こうした理由からです。

 

 

 

不良タイプの菌(有害菌)

 

 

 

肉などに含まれるたんぱく質を分解するとき、腐敗物質を出します。

 

それに発ガン性や毒素、アンモニアなどの強烈な匂いが含まれ、

 

吹き出物ができたり、アレルギーになったりと、身体の不調を引き起こします。

 

増えすぎるとお腹の調子が悪くなる大腸菌、便を臭くするウエルシュ菌などが代表的です。

 

 

 

悪さをする不良菌はいなくなればいいのか・・?

 

 

 

そんな簡単なものではありません・・・。

 

まず、残念ながら悪い菌だけを排除するそんなクスリは、今のとこありません。

 

風邪をひいたときに抗生物質を飲むとお腹の調子が悪くなるのは、

 

優等生菌も死んでしまうからです。

 

たとえば大腸菌は、悪さをするイメージが強いのですが、

 

ふだんはたんぱく質を分解して消化を助け、ビタミンをつくり

 

侵入してきた菌をやっつけるなど、大半は優等生の顔を持っています。

 

 

 

八方美人で優柔不断な日和見菌

 

 

 

日和見菌はふだんはおとなしいのですが、

 

体力が低下したり、優等生菌が少なくなったりすると、

 

ガラリと態度を変えて増殖しはじめ、不良に変身してしまうことがあります。

 

ニキビの原因と言われるアクネ菌も、ふだんはおとなしい菌ですが、

 

肉食が多いと増えやすいといわれます。

 

 

 

 

大切なことは、バランス

 

 

いい子も悪い子もいて、はじめてバランスのとれた世界になるのは、人間社会と一緒。

 

不良&八方美人の菌を追い出すのではなく、優等生菌を育てて

 

悪い菌がのさぼるのを防ぐことが大切なのです。

 

 

 

 

 

 

Qualliaでオススメしているのは、(株)リバーヴ様の発酵マコモです。

 

カラダのバランスを整えるのに、安全で安心な食品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

おすすめの記事