菌を大切にすれば、美しくなれる。

Qualliaの基礎化粧品や、オススメしている化粧品は完全無添加です。

防腐剤やケミカル成分がお肌の菌のバランスを崩してしまう恐れがあるからです。

今日はカラダと共存している菌のことを書きます。(初級編)

 

大切な常在菌

 

CMやメディアで、除菌や殺菌という言葉を見聞きします。

菌に対するイメージは「菌は汚い、除菌、殺菌しなくては!!」

って感じだと思います。

確かに、人に対してや日常生活で、我々にとって都合の悪い菌もいます。

諸悪の根源のように思われてる方もいると思いますが、

実は菌がキレイと健康のカギを握っています

信じられないかもしれませんが、本当です。

人体は、60兆の細胞で構成されています。

それに対して、カラダにいる菌は6000兆から8000兆と言われます!!

菌がキレイと健康のカギかというと、たとえば、、、

肌には「皮膚常在菌」

お腹の中には「腸内常在菌」

という菌が棲み着いて美と健康を守ってくれてます。

美容液やエステにたよるまえに、菌が元気に活躍してくれた方が

美肌や健康に効き目があるのです!!

 

 

皮膚常在菌の場合、菌たちが、肌を守ったり潤いを保たせるためい天然のベールをつくります。

キツイ成分や洗いすぎることで、このベールがなくなり肌はカサカサに!

バイ菌が侵入しやすくなり荒れる一方です。

また、お腹の中の常在菌がきちんと育ってないと、良いウンコさんが出ず、便秘になります!

溜まったウンコさんから発生した毒素は、肌ヘ届き、いくらスキンケアをしてもブツブツはなくなりません!

下剤などをつかうと、ウンコさんは出ますが、一緒にお腹の中の菌も流されてしまいます。

腸の働きを助けてくれる菌がいなくなれば、いい栄養を吸収できなくなり、

肌はもちろん全身の老化も進むし、カラダを守る免疫にも影響します。

 

 

 

まとめ

 

人間はお腹にいる胎児の時から菌と共に生きてます。(菌の母子垂直感染)

カラダに棲む菌たちはそれぞれの場所で、有益に活動してくれてます。

昨今では、度を越す除菌や殺菌、「キレイ好き」「コスメ信仰」で

有益で大切な菌のバランスが崩れています。

「顔や身体はゴシゴシ洗わないとキレイにならない」

「便秘でも高価な美容液で美肌になる」

「サプリメントで万事解決」

良かれと思ってしていることや、習慣がトラブルをまねいてます。

私は言葉が適切ではないかもしれませんが『常在菌は臓器』だと思います。

臓器と同じくらいの役割があり、なくては生命活動はできないと思います!

菌の大切さに、少しでも関心を持って頂けると嬉しいです。

 

Qualliaの基礎化粧品ま完全無添加で、生きたマコモ菌を配合しています。

マコモ菌はバランスの崩れた菌群を調和し整えてくれます。

全成分を、菌の活動を考えた原料と配合にしています

おすすめの記事