食のプロセス

 

スーパーやコンビニ、ファーストフードと手間をかけなくてもすぐに食べられる時代になりました。

 

便利になり、食べるまでのプロセスがカットされたことで、弊害や問題もあります。

 

例えば、「食品添加物」

 

自分で食材を入手し料理を作れば、添加物フリーで料理を食べれます。

 

ファースチフードやコンビニ、スーパーの商品は多くの場合、食品衛生法の基準をクリアするよう

 

何らかの添加物が、多くの場合入っています。

 

添加物のことは長くなるのでまたにして、カラダ側のプロセスを書きます。

 

食べるプロセスと身体のプロセス

 

 

 

たとえば、オレンジが食べたいと思ったら、必要な分だけスーパーなどで、

 

食べごろで、美味しそうなオレンジを見定めて買います。

 

一個一個皮をむき、実の白いヘタをとって食べます。

 

食べたいという欲求に従い、買いに行くとこから食べるまでのプロセスがあるわけですが、

 

実は、このオレンジを食べたい、見定める、皮をむくという過程で、

 

脳や体はオレンジを摂取する、体制や吸収する準備をします。

 

この吸収するための準備や体制を、わかりやすく例えると、

 

梅干しに反応して唾液が出るようなのが、わりとちかい感じです。

 

食べたいものを早く簡単に食べて、欲求は解消され満足するとは思いますが、

 

同じものを食べるにしても、カラダが受け入れ準備ができてから食べる方がより良いです。

 

現代社会は忙しいです!!

 

忙しくても、1日1つのフルーツからでも、プロセスから食を楽しんでみてください。

保存保存

保存保存

おすすめの記事